脊椎管狭窄症をそのままにしておくと歩行困難になったり、排尿障害や排泄障害等の症状を引き起こしてしまいます。 また、痛みが悪化してしまい、日常生活を送るのが難しくなる場合もあるので、症状によってもは手術が必要となります。 しかし、脊椎管狭窄症の手術は高い技術が必要なので、なるべく名医に執刀してもらった方が良いでしょう。 技術力の低い医師が執刀した場合には、術後に違和感を感じることも多いですから、要注意です。 日本にいる脊椎管狭窄症の名医としては、この四人の医師が有名です。 ・佐藤栄修医師(最近では、セカンドオピニオンを利用する人も増えてきているようです)(えにわ病院) ・高橋啓介医師(埼玉医科大学病院) ・南昌平医師(聖隷佐倉市民病院) ・出沢明医師(帝京大学医学部附属溝口病院) えにわ病院に所属する佐藤栄修医師は、腰痛においては北海道でも有数の名医です。 埼玉医科大学病院の高橋啓介医師は、加齢が原因の脊椎疾患の治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)に関する名医として知られています。 聖隷佐倉市民病院の南昌平医師は、脊椎管狭窄症の治療を数多く行ってきた実績があります。 帝京大学医学部附属溝口病院に所属する出沢明医師は、メディアでもひんぱんに取り上げられるほど有名な腰痛の名医ですー